静岡県浜松市の工務店【株式会社今井建設】は自然素材をいかした呼吸する木の家を建てる新築住宅を提案しております。

木とモルタルの質感を楽しむ土間のある家「Stucco.(スタッコ)」
木とモルタルの質感を楽しむ 土間のある家
土間+インテリア+モルタルキッチン+シンプルな外観 Stucco.(スタッコ) 1,690万円
stuccoとは
モルタルに手塗りの風合いと落ち着いた木の感触をかけあわせて
無機質なのにぬくもりと優しさを表現しています。
甘いだけのかわいさでは物足りない、男前のカッコ良さも強さが前に出てちょっと苦手、
そんな女性の気持ちに寄り添ってナチュラルで上品な雰囲気をイメージしています。
大人女性が好む"カッコいい"ライフスタイルを提案する今井建設の新しいブランドです。
「土間のある暮らし」からはじまる楽しい週末
  • 庭につながる窓を開放して、風を感じながら家族でブランチを取る休日

    共働きだったり、子どもの習い事の送り迎えがあったり、平日は何だかんだ忙しい。
    だから週末は自分達の思い思いの過ごし方ができるといいよね。
    大好きな雑貨を作ってみたり、グリーンをディスプレイしてみたり...
    庭につながる窓を開放して、風を感じながら家族でブランチを取る休日ってちょっと憧れたりする。

  • コンパクトだけどしっかり開放感のある間取り

    土間が子どもの遊び場になるから、雨の日だって"子どもを連れてどこ行く?"ってもう悩まなくていい。
    重たいものやかさばるものを買ったら土間で収納もできる、フラットだと動作もラク。
    なんだ、土間があるといいことばっかりだね。
    ミニマム家族にピッタリな"コンパクトだけどしっかり開放感のある間取り"
    住む人の感性をプラスして、あなたらしい住み心地を...
    そんな家づくりを楽しみませんか。

かわいいだけじゃ何かが違う大人女性のカッコいいをまるごと提案
  • 土間
    無機質なのに手塗の風合いがぬくもりを感じる「モルタル仕上げ」。
    土間
  • インテリア
    モルタルキッチンに合うヴィンテージランプ、アンティーク調の建具や飾り棚の演出でカフェやサロン風に生活空間をスタイリング、オシャレ感がグッと引き立ちます。
    インテリア
  • モルタルキッチン
    耐久性・強度バッチリ!モールテックス素材のデザインコンクリート。
    インテリア空間の木材、石材、陶器、金属ともよく馴染みます。
    モルタルキッチン
  • シンプルな外観
    四角いフォルムに白のガルバニウムの外壁を使用。
    白いお家に憧れる大人の女性にピッタリなスタイリッシュな外観です。
    シンプルな外観
土間を楽しむ
グリーンのある暮らし
土間とLDKが一体になったワンルームみたいな空間
土間とLDKが一体になったワンルームみたいな空間で、好きに過ごしながらも家族の気配を感じられる"ちょうどいい距離感"が、佐田家の休日スタイル。
土間は子どもの遊び場兼クリエイティブな活動をする作業場だ。
共働きで平日はドタバタな分、日曜の午後は大好きなグリーンを飾って気分転換できる奥さまのお気に入りの時間なのだ。
今は買ってきたばかりのグリーンをどこに飾ろうかと思案中。
『ネットで見つけたフェイクグリーンにハマって、本物とフェイクを掛け合わせながら、夫に部屋のバランスを見てもらったりしています。(笑)』
葉の形や垂れ下がる蔓性の植物など、グリーンの種類で置き方や表情も変わる。
セレクトして飾る楽しみ、お気に入りの空間を奥様がプロデュースしている。
  • グリーンのある暮らし
  • グリーンのある暮らし
  • グリーンのある暮らし
  • グリーンのある暮らし
自転車ライフ
土間があるからこその利便性。ちょっとくらい汚れても掃除しやすいのがポイント。
結婚前から健康維持をきっかけに始めた自転車ライフ。愛車とはもう5年の付き合いだ。
『もともと足として使うつもりが、プラモデル感覚でカスタムできると知ってから、すっかり魅了されちゃいました。』と、この家の主、小山田さんが嬉しそうに話す。
自転車のパーツを広げたり、近所のコンビニから帰ってそのまま自転車をいじれるのも、土間があるからこその利便性。ちょっとくらい汚れても掃除しやすいのがポイントだ。
そんな小山田家の休日はキッチンで奥様が料理をしながらその横で旦那さんが会話する。
自慢の愛車を車に積んで自然いっぱいのキャンプ場で子どもと一緒に男同士の冒険をするのが夢なんだとか。近い将来、土間は子どもと一緒に過ごすワークスペースとなってるに違いない。
  • 自転車ライフ
  • 自転車ライフ
  • 自転車ライフ
  • 自転車ライフ
愛犬たちと、産まれてくる子どもとゆったり暮らす
玄関を入ると土間が広がるので、散歩から帰ってすぐに愛犬たちの足を拭くことができる。
もうすぐ待望の第1子が誕生するという山村家では、産まれてくる赤ちゃんのための準備で忙しい毎日だ。
結婚してから愛犬2匹と暮らしてきたので、ペットと家族が共存する生活スタイルを描いていた。そこで目を付けたのが土間。玄関を入ると土間が広がるので、散歩から帰ってすぐに愛犬たちの足を拭くことができる。
それまで暮らしていた賃貸物件は収納も少なく、玄関はモノが入り混じったカオスのような状態だったという。
『これからは赤ちゃんをベビーカーに乗せたり、抱っこ紐で散歩に出掛けるだろうから、なるべく動作をラクにしたいなって思ったんです。』
そう、乳児を連れて愛犬の散歩という一連の動作は思ってる以上に女性の背中や肩、腰に負担がかかるのだ。しかし、そんな奥さまの悩みも土間が解決しそうである。
『子どもが大きくなったら愛犬と一緒に土間を走り回る姿が目に浮かびますね。』
家族が増える山村家の新しい生活は希望と期待にあふれていた。
  • 愛犬たちと、産まれてくる子どもとゆったり暮らす
  • 愛犬たちと、産まれてくる子どもとゆったり暮らす
  • 愛犬たちと、産まれてくる子どもとゆったり暮らす
  • 愛犬たちと、産まれてくる子どもとゆったり暮らす
ページの先頭へ戻る